ミルツル和裁部(浴衣) 三期生<月曜組>
5c3e23d8c3976c2cb43a41a2

販売期間
2019/01/19 08:30 〜 2019/02/17 23:59

ミルツル和裁部(浴衣) 三期生<月曜組>

  • 開催日

    2019/02/25 〜 2019/07/08

  • 開始時間

    10:00

¥21,600 税込

※こちらは電子チケットです
※別途発券手数料が2%がかかります

販売終了しました

今年もやってきました、ミルツル和裁部(浴衣)2019年三期生<月曜組> の募集をいたします! 和裁部(浴衣)も今回で3回目。家に眠っている反物、そろそろご自分用に仕立ててみませんか? 反物は無いし。。。という方、ちょっと待って!実は今回、私も作ろうと思っている浴衣があるんです! それは。。。服地で作る浴衣です! 浴衣は作ってもなかなか着る機会がないし。。。というご意見もあるのですが、部屋着で浴衣を羽織るのはいかがですか?これ、私達も盲点でした。 浴衣って、花火の時の「ちょっと面倒」なイメージと、旅館でくつろぐ時の「とてもルーズ」なイメージしかなかったのです。 街着のような使い方ってできないのかなーと思っていたのですが、それだとどうしても、品のある格好いい浴衣に目が行ってしまうんですよね。 でも、それだと「ちょっと面倒」なイメージなんです。浴衣を身近にするには、もっと。。。 なんというか、ゴミ出し程度はできるぜ!くらいだったらどうなんだろう。ジャージ以上、街着未満くらいの浴衣ってどんなんだろう。 と思ったら、服地で作ったら丁度それくらいの浴衣になるんじゃないかと思うんです。 Tシャツとステテコの上に羽織る無地の服地の浴衣。あ、楽そう、いいんじゃない?と思いませんか? ミルツル和裁部では、大学で学んだ和裁の知識と私なりの洋裁の技術を取り入れています。 反物、幅広の服地どちらでもお仕立てできるように考えましたので、ご自分の気に入った生地をお持ちいただけます。 和裁=手縫いというイメージになりがちなんですが、ミルツルではミシンを使うことをお勧めします。手縫いは大変ですからね。 どうしても手縫いにしないと調整が難しいところがあるので、そこだけは手縫いです。 洋服屋の洋裁教室で和服を作るミルツルらしい和洋折衷、伝統を大切にしつつも肩の力を抜いて和服を着ていただくきっかけになればいいなと思っています。 ------------------- 全6回 10時から(3~5時間) 参加費:21,600円 ------------------- <月曜組> 2月25日、3月11日、4月8日、6月10日、6月24日、7月8日 ------------------- <持ち物> ・生地   ゆかた反物の場合 1反   服地の場合(綿・麻など)    生地幅120cm以上:5m    生地幅120cm以下:7m   ※ 身長160cm以上の方はご予約時にご相談下さい   ※ 服地は店頭にて沢山の中からご購入頂くことも可能です ・裁ちばさみ(貸出可) ・糸切りばさみ(貸出可) ・チャコ(貸出可) ・ルレット(貸出可) ・メジャー(貸出可) ・しつけ糸 ・ミシン糸 ・手縫い糸(もめん30番 生地と同色) ・針山 ・手縫い針 ・待ち針    補足)  気軽にご参加いただけるよう、貸出可能なものもご用意しています。  糸は店頭にて当日購入いただくことも可能です ------------------- <キャンセルについて> 開催当日、どうしても都合が悪くなってしまい、参加できないことがあるかと思います。 開催当日までにその旨ご連絡いただけましたら、普段行っている洋裁教室にて対応しております(教室利用料はかかりません)。 なお、当チケットの返金対応はしておりません。よろしくお願いいたします。